2009年03月01日

テスト投稿

テスト投稿です。
By NOV at 12:17 | Comments [4902] | Trackbacks [0]

2005年06月19日

今週観た映画

今週観た映画は『猟人日記』(土曜)と『電車男』(日曜)だ。『猟人日記』はもうすぐ公開の映画『アイランド』にも出演のユアン・マクレガーが出演している映画だ。一人の青年の欲望のままの生き様が生々しい。『電車男』はネットから生まれた物語。のび太としずかちゃん的なキャラクターの二人が恋愛する話。正直あまり丁寧に作り込まれた映画ではないのに観客動員が多いのには驚いている。話題性抜群という事だろうか。


By NOV at 23:18 | Comments [4602]

2005年06月12日

ここ10日間の間で見た映画

ここ10日間は映画づくしだった。

『炎のメモリアル』、『最後の恋の始め方』、『四日間の奇蹟』、『バンジージャンプする』、『大統領の理髪師』を観た。

『炎のメモリアル』は消防士の生き様が凄まじかった。『最後の恋の始め方』はデートムービーに打って付けなラブコメディだった。『四日間の奇蹟』は石田ゆり子が素晴らしかった。『バンジージャンプする』は不思議な映画だった。『大統領の理髪師』はソン・ガンホの演技が光るちょっと心の痛くなるコメディだった。

ちょっと、いや、かなり忙しくてEVERSMILEの方に記事はかけないかもしれない。ふうー。

By NOV at 19:36 | Comments [3842]

2005年06月06日

職の同一性違和感のようなもの

今日は学生実習で、学生さんたちを施設見学のため案内した。毎週やっていたことなのだが今日は最後の班だ。まだ、若いので将来の希望に満ちている。なんだかうらやましい。

自分の気持ちに決して正直だったとは言えない進路を選んだ今、方向転換をしようかと思っている。そんな方向転換をしようと思っている私が、学生さんたちの指導をするというのはちょっと微妙な気分だ。なぜなら、彼らの進路は大半が私の本来望んだ進路ではない方向に既にあるから。

私自身は進路を修正しようとしている。大半の人はバカなと思うかもしれない。でも、今私に規定されているであろう職をそのまま受け入れることが難しい。職業に違和感がある。私がその職をするのはありえないっていう感覚。将来の私がどんな職をしているかはわからない。なんだかんだいって今規定されている職に戻る可能性もゼロではない。そういう可能性はあるもののそれでも別の働き方を模索するしかないのだ。

By NOV at 23:48 | Comments [4316]

2005年06月03日

幼児歯科検診の見学

昨日、再会したO君が別れ際に「明日、一緒によかったら検診があるので来ませんか」と言った。そういうわけで、昼間、保育所へ出向きO君の歯科検診風景を見せてもらった。

子どもたちばかり見てしまい、あまり検診を真剣に見ることができなかった。子どもたちがとてもかわいらしかったもので、ついつい子どもたちと話したくなってしまった。

実際の検診そのものは概ね順調に進行したが、口の中を見られることに対して恐怖を感じる子どももいた。そういう子どもをどうするかが実に難しそうだった。特別痛いことはない検診でも時に幼児は恐れるのだ。

最近の子どもたちしか診たことが無いのでなんとも言えないが、昔はもっと幼児には虫歯が多かったそうだ。今の幼児は虫歯がある子は少なく、虫歯がある子どもは多くの虫歯があるといった二極化が見られた。

虫歯予防には様々な対策がある。間食の回数を減らし、食べたらすぐ歯磨き、あるいは口を濯ぐ、仕上げ磨きに親の介入は必須、歯の間ブラシを使うなどいっぱいある。他にもあるが、これらが確実であるだけでかなり虫歯の発生率は下がるだろう。

By NOV at 20:46 | Comments [4496]

2005年06月02日

試写会、隕石衝突?

僕は松竹東洋座にいる。これから『いらっしゃいませ、患者さま。』の試写会があるのだ。通路向かいのイスのスーツ姿の男は目をつぶっている。試写会が始まるまでの間、ゆっくり休みたいのだ。僕自身も休んでおかないと上映中寝てしまうので、試写会が始まる前はちょっと寝ることにしている。友人同士らしき年配女性はおしゃべりをしている。

映画を見終わると、景品のキシリッシュを受け取り、階段を下りて中央通りまで出た。東京からちょっと帰省で戻ってきているO君に連絡し、一緒に会うことにした。
O君は東京の某大学院で研究をしている。O君は僕に隕石の話をした。隕石がO君自身の体に当たったという。そのときO君は傘で突かれたような衝撃を感じたそうだ。
O君はその話を天文学に詳しい人にその話をしたところ火球の情報があった時間と場所や時間が一致しているので、隕石の可能性が高いと言った。ところが、せっかくのそのちっちゃな隕石をO君は紛失してしまったという。その隕石を目にした人はO君を含め3人だけ。
その隕石の価値がどれくらいのものか僕には想像が付かないけど、かなり奇跡的なことのようだ。隕石を失くした後、O君は何人かの人にかなり文句を言われたようだ。どうして失くしたんだと。

By NOV at 23:41 | Comments [4247]

2005年06月01日

『ミリオンダラーベイビー』を観に行く

今日は6月1日。毎月1日は「映画の日」という名前かどうかは定かではないが、多くの劇場で1000円で映画を観ることができる日ですね。多くの人が知っていることでしょう。そして、今日観る映画として『ミリオンダラー・ベイビー』を選びました。ご存知、最新のアカデミー賞受賞作です。クリント・イーストウッド主演、監督。他にヒラリー・スワンクやモーガン・フリーマンが出演している話題作です。

映画を観たあとは簡単に食事を済ませるために、サティであなごの寿司といわしのてんぷらなどを買って家で食事をした。映画の中で出てきたレモンパイを食べてみたいなあ。

By NOV at 23:11 | Comments [4484]

2005年05月29日

『スカーレットレター』と『エメラルドカウボーイ』

映画に行ったことしか書いていない日記が多い。そして、今日もまた映画を観に行ったのです。『スカーレットレター』と『エメラルドカウボーイ』が今日観た映画です。『スカーレットレター』は韓国映画で、イ・ウンジュさんの最後の作品となってしまった映画。観ていてとても息苦しくなりました。『エメラルドカウボーイ』は一応コロンビア映画ですが、監督は日本人の早田英志さんです。エメラルドのビジネスで成功を収めたコロンビア在住の早田さんの自伝映画ですね。

映画の上映後、早田さんを囲む会みたいなものがありまして、そこでサインをもらったりしました。とても気さくでバイタリティに溢れた方で元気を分けてもらいました。私の知らないコロンビアの凄まじい状況をいろいろ話してくれました。コロンビアに行くことさえ恐れを感じる小心者の私には、早田さんがとても大きく見えました。

By NOV at 22:52 | Comments [4573]

2005年05月28日

『ヒナゴン』を観に行く

広島のヒバゴン伝説をモチーフにした映画『ヒナゴン』を観に行く。公開初日の今日、上映前には主演の伊原剛志さん、上映後には渡邊監督と主演の井川遥さんが舞台挨拶をしました。広島の人は温かい眼差しで基本的にこの映画を観ると思うけど、東京で公開(一館のみ)されるとき、どんなリアクションがあるのだろう。

家に帰り、ぽすれんをチェックするともう返却できていたので、次は『24』の続きを一枚、それと『六月の蛇』を借りる手続きをした。妻りんの体調はあまりよくなく出かけてもう一本映画を観ようかと思ったが、ゆっくりと家で過ごすことにした。

By NOV at 23:41 | Comments [4237]

2005年05月27日

宝くじ

「宝くじがの1等が当たった100万円あげます」と僕にKさんは言った。
「気前のいい話だねえ」と僕は言った。「でも、本当に当たったら、しばらくここに来ないんじゃない」

宝くじをKさんが買ったようだ。しかし、宝くじの一等が当たるのは交通事故死よりも難しいと聞いたことがある。実際、当たるはずないと多くの人が思っている。しかし、それでも多くの人が宝くじを買っている。3000円分の宝くじを買って戻ってくるお金は300円の人が大半なのに。高額な当選金を小額で追いかける代償は大きい気もする。

夕方、サロンシネマへ行き映画『運命を分けたザイル』というドキュメンタリー映画を観た。見ているだけで寒くなってくる雪山の映像がよくできていた。二人の登山家の物語だ。最終上映日の最終回という事もあってか、お客の入りはまあまあ混んでいた。

By NOV at 23:51 | Comments [3773]

2005年05月26日

『24』、『ベイブ』、パンツ紛失騒動

昼間は特にこれといったこともなく一日は平穏に過ぎていった。ぽすれんで借りたDVD、『24』、と『ベイブ』を観た。『24』が有名なアメリカのテレビドラマと言うことは知っていたが、今回ようやく初めて観た。なかなか面白い。次回が気になる。『ベイブ』は豚ちゃんが大活躍するお話。これは観ていて心が温まるお話だった。また、動物が擬人化された演出なので観ていてとても不思議だった。

『24』を観ている間に、クリーニング店のスタッフが家に来て、先日頼んだ服を持ってきてくれた。スタッフが帰った後、クリーニングの終わった衣類をもう一度チェックするとスーツのパンツがなかった。あわてて店に電話をした。どうやら車の中にパンツは忘れたみたいだった。すぐに持ってきてもらったのでとりあえず安心した。僕はあまりスーツを持っていないので、失くしてしまうと結構困るのだ。

By NOV at 23:03 | Comments [2247]

2005年05月25日

映画『ザ・インタープリター』、モルヒネ

昨日の夜はワーナー・マイカル・シネマズ広島で『ザ・インタープリター』を観た。ニコール・キッドマンとショーン・ペンが主演。ニコール・キッドマンにお目にかかるのは『ドッグ・ヴィル』を観て以来、ショーン・ペンは『ミスティック・リバー』以来。なかなかスリリングな映画でした。

実験で使用しようと思っているモルヒネをはじめて手にした。一見なんてことのない白い粉。この白い薬は厳重に管理されているのでいただく時に少々緊張した。鎮痛作用をある状態のマウスにプラスすることで麻酔状態を作り出せるかという実験を行なう予定。

By NOV at 14:04 | Comments [3825]

2005年05月24日

モスバーガーでPさんと

お昼に友人と一緒に段原のモスバーガーに行くと、たまたまタイ人のPさんがいた。彼はタイ人なのに辛いものはあまり好きではないようだ。彼は、プレーンなホットドッグを注文していた。それに対して僕はチリドッグを頼んでいたのがちょっとおかしかった。

彼はタイではデンティスト―歯科医師だ。Pさんの話によると人口6000万のタイには歯科医師が7000人くらいだという。少々情報が古いが、こちらのサイト-施設・業務の種別にみた歯科医師数によると日本の登録歯科医師数は92874人なのでいかにタイと比べると日本の歯科医師数が多く、またタイには歯科医師が少ないかがわかる。Pさんいわく、タイでは開業医だと月に15万円から100万円の範囲の収入らしい。日本人の所得水準と同等あるいはそれ以上のように思えた。タイの物価水準は日本に比べるとかなり低いので歯科医師という職業は相当タイでは経済的に安定しているようだ。

ところでPさんタイの大学の先生なので、月給は日本円にすると5万円ほどしかないと嘆いていた。とはいえおそらくその収入でもタイだとそれなりに安定したものと推察される。いずれPさんはタイに戻ってその筋の専門家となるようだ。私の感じているタイ人の一般的なマインドをPさんも持っていて、いつも笑顔を見せてくれる。おおらかに生きたいものだとPさんに会うとよく思う。

By NOV at 22:36 | Comments [3648]

2005年05月23日

映画『レモニースニケットの世にも不幸せな物語』の原作本が届く

先日、家にAmazon.co.jpで注文した本(この記事の一番下の写真の本のセット)が届きました。ついこの間観た映画『レモニースニケットの世にも不幸せな物語』の原作本です。この本は日本では『世にも不幸なできごと』のタイトルで発売されています。私は洋書の『A Series of Unfortunate Events』の最初の3巻セットを買いました。その三冊が映画の原作に相当するようで、三冊の本が入っているケースの写真でそれとわかります。

やさしい英語で書いてあるというウワサを耳にしてで買ったのですが、どんな英語かみなさんも気になりますよね。こちらのamazon.comのページ(新しいウィンドウで開きます)の中の左側の本の画像にLOOK INSIDE! とあるので、そこをクリックすると実際に冒頭のページをめくって読むことができます。確かにやさしそうな文章なので、英語の達人でなくてもなんとかがんばって読めそうですね。
まだ、ほんの少ししか読んでいないのですが、忙しさを言い訳にせずなんとか読みきりたいなと思います。このセットを読みきってもまだあと未発売分を含めて10巻もあり、合計13巻のセットになるわけです。不吉なナンバー13にちなんでいるみたいですね。

The Trouble Begins: The Wide Window, The Reptile Room, The Bad Beginning (A Series of Unfortunate Events)
Lemony Snicket Brett Helquist
The Trouble Begins: The Wide Window, The Reptile Room, The Bad Beginning (A Series of Unfortunate Events)

By NOV at 12:22 | Comments [2516]

2005年05月22日

謎のピアノマン、『復讐者に憐れみを』再び

今週は『ウエストサイドストーリー』と『海の上のピアニスト』をDVDで観た。そして、テレビを朝付けているとイギリスで謎のピアノマンというニュースを流していた。彼は漂流しているところを救助されたようだが、これもまた映画とは別の海の上のピアニストって少し思ってしまいました。ちなみにそのニュースに似たできごとの映画があるらしく、それはどうもバイオリニストのお話のようです。いつか日本でも公開されそうです。

16時45分の上映の『復讐者に憐れみを』をもう一度観に行く。家を出た時、小雨が降っていた。ぎりぎりな時刻にサロンシネマに到着。2時間ほどの映画を鑑賞した。映画の上映前の予告編は韓国映画ばかりだった。『サマリア』、『恋する神父』、『大統領の理髪師』など。
前回観たときには見えなかったものが見えた。憐れなこの話に救いは一切ない。上映が終わったあと全身にだるさを感じた。なかなか動けなかった。

By NOV at 23:05 | Comments [2392]

2005年05月21日

産科検診、映画『クローサー』を観に行く

僕の妻のりんは妊娠している。今日は定期健診の日だ。一緒にK産婦人科へ付いて行く。一時間くらい待合室で待つことは予想していたので、最近観た映画『レモニ・ースニケットの世にも不幸せな物語』の原作本の洋書を読むことにした。産婦人科の待合室にはまだなれないので読む本があることはありがたい気がする。一時間くらいして診察をりんは受けた。特に何事もなく経過は順調。超音波診断の画像では、胎嚢の大きさが29ミリメートル、胎芽の大きさは8.9ミリメートルにまで成長していた。

お昼はうどんをセルフの店で食べる。僕は温かい中を、妻は温かい小を頼んだ。ここのうどんは麺にそこそこ勢いがあっておいしいけど麺の太さが不揃いなのが気にはなる。

午後7時20分、ワーナー・マイカル・シネマズ広島で『クローサー』を観る。ナタリー・ポートマンのストリッパー姿が中途半端だった。クライブ・オーウェンだけ喜ばせてどうする?と少し思った。ネット・チャットのシーンなんてどうでもいいからもっとナタリーを!と思ったのは私だけだろうか。製作過程ではもっと過激なシーンもあったみたいだが確かに削られたいるようだ。ジュード・ロウは最近の映画ではちらりとしか出てこなかったり、あるいは声しか出てこなかったが、今回はかなり長い時間出演。全体として思ったことは言葉はみだらな映画だけど視覚的にみだらな場面はあまりない。あと、時間が急に飛ぶので展開が把握し難かった。

By NOV at 23:17 | Comments [2817]

2005年05月20日

映画『バッド・エデュケーション』を観に行く

昼間、マウスのエサやりを忘れたことに気付いて確認に行くとまだエサは残っていたのでエサを補充しておいた。あぶない、あぶない。

夕方、サロンシネマで『バッド・エデュケーション』を鑑賞した。最終上映日の最終回にようやく観ることができた。ペドロ・アルモドバル監督の作品はマイノリティな立場の人がよく出演するが、今回もそういう役の人が出演している。この監督の作品はいつもちょっと危ない雰囲気が漂うのに落ち着いて観れるのが不思議。

By NOV at 22:40 | Comments [3843]

2005年05月19日

妻の買った雑誌

家に帰ると、妻のりんが買った「Pre-mo」があった。「Pre-mo」は妊婦さんが買う雑誌で、おそらくプレママ雑誌と呼ばれるものだ。雑誌といえばたまごクラブくらいしか知らないので買ってきたその雑誌がプレママ雑誌にはあまり見えなかった。でも、ちょっと中を見てみるとぎっしりと妊婦さんお役立ち情報が載っていた。病院種類別妊娠から出産までの総費用、妊娠線予防法、マタニティファションスナップショットなど妊娠していない人にはあまり縁がない情報でいっぱいだった。

その雑誌を手に入れてりんは読んでいる。将来の出産に対して期待に胸を膨らませているみたいだ。りんの妊娠生活をできる限り支えて生きたいと思う。きっとどうしていいかわからないときがあるかもしれないけど。

By NOV at 22:17 | Comments [4619]

2005年05月18日

象と戯れる織田裕二

テレビをなんとなくつけているとアフリカで織田裕二が象と戯れていた。いいなあ、楽しそうだ。この間観た映画『交渉人 真下正義』では彼の姿はないなあと思っていたら、アフリカに行ってたのか。テレビを初めから観ていたわけではないのでわからないけど、アフリカゾウは性質が少し荒いと聞いている。テレビから「野性に戻す」といった言葉が聞こえてきたので、保護施設か何かで保護されていた象なのだろうか。

象といえば、ちょっと昔にタイのチェンマイ方面で象に乗ったことがある。ゆったりとした気分で山林の中を象に乗る気分は格別だった。突然象が暴れたりしないかなあとたまにドキドキしたけれど象はおとなしく僕を乗せてくれた。なんか象っていいなあ。見ていてちょっと癒される。動物園に行った時僕は象を見るのが好きだったような気がする。ペットとして買うには大きすぎるけど。

By NOV at 23:12 | Comments [4185]

2005年05月17日

きょうのひとりごと

韓国映画『復讐者に憐れみを』を観てから数日立つのにまだその映画のことが頭にこびりついている。とにかく、衝撃的な作品のひとつであることは間違いがない。もう観たくない、一度でいいと思ったのに、実はもう一度観ようと思っている。もう一度観てからEVERSMILEのほうに記事をアップしたい。

ニュースでは直近4半期のGDP増加率が1.3パーセント上昇とめでたそうに報道している。もっと気になるニュースとしては、北朝鮮が核実験を計画しており6月には行なわれるかもしれないという報道があった。気にはなるけど、どうしようもないなあ……。

最近仕事と言うか実験がはかどらない。なんとか上手い具合に進めたいけど、いろいろややこしくて作業が停滞中。なんとかしよう明日から。

By NOV at 23:20 | Comments [3882]

2005年05月15日

『復讐者に憐れみを』を観に行く

一人で今日は映画を観に行った。大抵はりんと一緒に行くことが多いが少々体調が優れないようなので一人で行くことにした。

サロンシネマで観た映画は『復讐者に憐れみを』という映画だ。これがとんでもなく痛いそして気持ち悪い映画だった。つわりで体調の悪いりんを連れて来なくて正解だったかもしれない。
善良だったはずの市民が悪事に手を染め落ちていくその様子は実に耐えられないものがある。「しまった観るんじゃなかった」という気持ちとこんな衝撃的なものが観れていい映画だったという気持ちが今存在している。

By NOV at 23:47 | Comments [2691] | Trackbacks [0]

2005年05月14日

つわりは突然に、映画『交渉人 真下正義』

「つわりなんてもうこないねえ。」とりんは言った。「もうちょっとつわりがあってもいいのに、全然つわりっぽくない」
そう言ってりんが昼食のスパゲッティをほとんど食べ終わったころ、りんは形相を変えて台所のシンクに食べたばかりのスパゲッティを吐いてしまう。あまりにも突然のできごとで本当に驚いた。つわりをなめていると突然やってくるようだ。

夕方、りんと映画『交渉人 真下正義』を観る。映画の内容は、どこのだれかわからないやつが東京の地下鉄新型車量「クモ」を縦横無尽に走らせて東京をパニックにさせるお話。踊る大捜査線の派生映画、スピンオフの作品。交渉人があまり交渉をしているようには見えないお話だが、それなりには楽しめたような気がする。突っ込みどころも満載なのだが。
映画『交渉人 真下正義』の私の記事はこちらから

By NOV at 23:07 | Comments [4095] | Trackbacks [0]

2005年05月13日

R嬢の結婚(再婚)

今日家に一通のハガキが届いていた。それはR嬢の「結婚しました!」お知らせハガキだった。大学時代の同級生だったR嬢、なんともう再婚である。今年の年賀状には「離婚しました」のお知らせがあったというのに……。ハワイかあ、いいなあ。

ハガキにはこう書いてある。
私たち結婚しました。(中略)お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

よーし、いつか、立ち寄らせていただきます。

ところで、R嬢の新居の住所のマンション名の一部はR嬢の新しい姓と同じではないか!
これまたリッチな男性を捕まえたみたいだ。まあ、何はともあれオメデトウ!R嬢。

By NOV at 23:37 | Comments [2885] | Trackbacks [0]